施術 インターバル

セラピストのみなさんの施術間インターバルについてですが、HOGU6ではコロナ対策の一環としてなるべくお客様同士がすれ違わないようにという事と駐車スペースの兼ね合いもありますがインターバルは長めにとっています。

インターバルは、大抵の店舗ではなるべく詰めたい。

なぜなら、当然稼働も上がり売り上げも上がるからです。

当たり前と言えば当たり前。

施術者もガンガン稼ぎたい方は、詰めていけばもう一つ仕事が入れられるかもしれませんし、経営側からすれば詰めれるだけ詰めていきたいと思うことは自然な事でしょう。

インターバル5分?10分?15分?、それぞれのお店で独自のルールや経営側・施術者側の事情もあるでしょうけど、実際問題インターバル5分や10分でお客様を受付→案内→施術→お会計→ベッドメイク→必要ならばトイレや水分補給を行うことに無理がある場合があります。

例えば、なんらかの事情で前のお客様が遅刻してきた場合や、施術前の体調確認でお客様からのご要望があり話し込んだり、何かイレギュラーがあり時間が押したりなど起こりえます。

こうした場合、予約時間通りにお越しいただいている次のお客様をお待たせすることになります。

お客様は、きちんと時間通りにお越しいただいているのに店の都合でお待たせする・・・

一度時間が押してしまったら、1日かけてもなかなかインターバル分をリセットできません。

次のお客様も次のお客様もお待たせすることになります。

これ失礼だと思いませんか?

でもね、実際多くの店舗であるんですよ。

HOGU6では、インターバルが長いことからこのような事はありません。

受付→案内→施術→お会計→ベッドメイク→必要ならばトイレや水分補給を行い、身だしなみも整えてから次のお客様にご対応していただきます。

セラピストに余裕がないと施術もバタバタしたりします。

HOGU6に求人応募を考えているセラピストの方、うちは施術間を詰めてガシガシドタバタさせません。

しっかり余裕をもって、しっかりお客様に施術してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。